銀行のカードローンと消費者金融は何が違うの?

カードローンを利用してお金を借りる場合、銀行や信用金庫などの金融機関と消費者金融などの貸金業者の選択肢があります。
金融機関と消費者金融などのような金融業者の違いは、銀行法や貸金業法などの法律の違いが挙げられます。
銀行法は銀行を運営する金融機関に定められた法律で、貸金業法は消費者金融やクレジットカードのキャッシング会社などに定められた法律になります。
法律が異なる事で、カードローンの利用にどのような違いが生じるのかと言いますと、消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制が適用される事になるので、利用可能額に違いがあります。
総量規制は多重債務になる人を減らす目的で導入が行われたものです。
具体的には、融資を行う時には申し込み者の年収の3分の1未満、もしくは他社からの借入を持つ申し込み者の場合は、借入総額と申込額の合計が年収の3分の1未満で融資をする事が義務付けられています。
年収が300万円の人は、消費者金融のカードローン申し込み額は100万円未満である必要があります。
さらに、総量規制は申し込み額が50万円を超える場合、他社借入がある場合には借入総額と申し込み額の合計が100万円を超える場合、それぞれ年収を証明する事が出来る源泉徴収票などの年収証明書類の提出が必要です。
これに対して、銀行のカードローンは総量規制の対象外になるため、申し込み額が年収の3分の1を超えても構いませんし、銀行が指定する金額を超える申し込みでなければ年収証明書類の提出は要らないなどの消費者金融との違いがあります。

消費者金融ランキングはこちら

電車代が足りない時にお金を借りるならどこの金融機関はどこがいい?

財布の残金が心もとなくなり、出かけた時にATMで下ろせばいいやと思っていたらそのまま飲み会に行ってしまい、お店を出たときには残金が数百円で、これでは家まで帰れない。生きていればそんな場面の当事者になる可能性は十分にありえます。しかしいざ当事者になった場合、果たしてどのような方法で状況を打開すべきでしょうか。具体的には、この状況を切り抜けるためにお金を借りるならばどこがいいのでしょうか。まず考えうるのが消費者金融の無人契約機です。スムーズに手続きが済めば30分程度でお金を借りることが出来ますが、与信確認で知人に電話確認をされたり、収入次第では審査が下りなかったりと制約も多くあります。どこがいい、というよりはどうすればいいの範疇ですが、クレジットカードのキャッシングも有効な手段です。しかしいずれも、万人が利用できる制度ではありません。万人が利用できるという条件でお金を借りるのはどこがいいのか。意外なところが交番です。警察署や交番には「公衆接遇弁償費」という制度があり、端的にいえば公費から1000円までお金を貸してくれるのです。あくまで正当な理由のもとで、という条件付ではありますが、与信状況が万全で無いと利用できない消費者金融の無人契約機や、そもそもクレジットカード会社と契約をしカードを持っていないと利用できないキャッシング枠とくらべ、万人に利用できるという点で、電車代が足りないときにお金借りるにはどこがいいという状況に対するベストアンサーだといえるでしょう。もちろん、この制度ありきで考えるのではなく、可能な限り手を尽くした上での最終手段だというのは大前提での話になります。